WAGA DESIGN BUILD

パッシブを暮らしに

家づくりを考えるとき

家を建てようと考えるタイミングは人それぞれです。
今住んでいる賃貸・社宅の更新時期であったり、今の住まいに満足していなかったり、家族の変化があったり。
家を購入する際に誰もが資金について考えると思いますが、住宅ローンの他に月々の支払いとして考えなければいけないのが光熱費です。
近年は光熱費の高騰で悩む方も多いはずです。
今回は省エネな暮らしを実現する家づくりについてのお話です。

パッシブデザイン

自然のエネルギーを活用して省エネな家を設計する手法のことをパッシブデザインと言います。
自然エネルギーと聞くと太陽の光・熱、風が思い浮かびますよね。

①日射を取り込む
日射からは光と熱が取得できます。
明るさとあたたかさは快適な暮らしには必須です。
光が入れば日中の照明使用は抑えられますし、熱の取得は暖房を省エネで使えます。
どちらも光熱費削減につながりますね。
窓を適切な大きさ・位置につけることで日射取得を実現できます。
特に秋田県は日照時間が全国トップレベルで短いというデータもあるくらいですので、日射を有効に取り入れたいですよね。

②日射を遮る
日射を取り込むことで寒い季節は最適空間を作れますが、夏の暑い日は冷房の効きが悪くなり、なかなか家の温度も下がりません。
日射は取得も大事ですが、遮蔽することも考えなければいけないのです。
日射遮蔽で取り入れられるのは、庇や軒の設計です。
夏の日射をカットしつつ、冬は日射を取り入れることができるよう、庇の位置や軒の長さを計算します。
植樹で日影を作るという工夫もありますね。

③風を読む
風の強さは沿岸・内陸、地域によって変わります。
雪国秋田県では冬期の風は向きによって雪の吹き溜まりや吹きざらしが起きます。
ドアの開閉や車の駐車スペースなども風の吹く方向によって考えたいものです。
また、心地よい自然風が吹く季節には家に入る空気がスムーズに流れるよう、開口部の場所を計算しなければいけません。

心地よく日の当たる家

建築のプロが設計

建築家によって設計された家
これらを考慮して希望の間取りを考える…設計を学んでいないとなかなか難しいですよね。
WAGA DESIGN BUILDではプロの建築家が設計をします。
建築家と聞くと、敷居が高い、デザインが凝っている…等ネガティブに考える方もいるかもしれませんが、建築家は地形・気候を読み解いた上でパッシブデザインも考慮し、それぞれの家庭のライフスタイルに合った間取り・デザインを提案してくれます。

過去の施工事例では、その家庭の動線に合わせた間取り、休日の過ごし方・趣味を楽しむ空間作り、周囲の家との適切な距離を考えた建物配置…等々設計してもらいました。
お客様の要望をまとめ、建築家が設計する家はこの世で一つのデザインです。
なのでWAGA DESIGN BUILDの家づくりはお客様の要望をしっかりとヒアリングすることから始まります。

省エネ住宅はパッシブデザインを採用しただけでは実現できません。
これらの設計を最大限に利用する性能基準にしなければ活かされません。
せっかく日射取得をしたのに性能が低いと暖気が逃げ、家全体の暖かさを保てませんし、日射遮蔽は断熱を高めることで効果が現れます。
高気密・高断熱な施工をした家でこそパッシブデザインは大きな効果を発揮し、省エネな暮らしが実現できます。
WAGA DESIGN BUILDは施工実績からも自信を持って高性能住宅を推奨しています。

年中快適な家で光熱費の負担が少なければ嬉しいですよね。
自然エネルギーを上手に活用した、高性能な家づくりをしませんか?

パッシブデザインで省エネの家
GO
施工事例